コスモス

 

   帰省した時、畑に植えてあったもの

   
                                                      

                          

                  コスモスの花言葉・・・乙女の心

     美しい、調和、装飾といった意味のギリシャ語だそうです

     道路の通りに肥料もやらずに種を蒔いたとのこと、まだ満開ではありませんでしたが

     葉が青々と勢いがよかったのでこれからいっぱいに咲くことでしょう・・・

投稿者: ナナ

ゆりとマンデビラ

 

鹿児島に帰省した時家に咲いていたもの

いろいろな種類のユリを植えたらしいけどもう最盛期は過ぎてしまい、

かろうじてこの3種類だけが残っていた。

 

  

 

マンデビラ
別名・・・デプラデニア

 

このほかに花色として白、オレンジ、黄色などがありつる性のトロピカルなはなである。

投稿者: ナナ

今年のムクゲ(木槿)

今年もムクゲの季節が訪れました。

 

 

 

 

 

IMG_1077

 

 

IMG_1076

白のムクゲは清楚で気持ちが洗われるようです。

一方ピンクのムクゲは色としては濃くないところが気に入っている。

日当たりが良いので沢山花をつけてくれている。

投稿者: ナナ

母の日プレゼント(平成29年)

母の日はもうとっくに過ぎてしまいましたけど、
今年も息子から母の日のプレゼントに
お花が送られてきました。

毎年忘れずに母の日の前日には送ってくれています。

息子の誕生が同じ5月なので、私もお祝いに今年はポロシャツをプレゼントしました。

 

ジャーマンアイリスが今年も咲いてくれました。

 

 

             孔雀サボテン「新妻」鉢を日当たりの良いところに移したら、たくさんの花を付けました。

   バラ 一年近く休んでいましたので、どうかと思いましたがアップしてみました。

 

投稿者: ナナ

母の日プレゼント

 

5月に届いた息子からの、母の日のプレゼントの花ですが、

もろもろのことで遅くなり今日になってしまいました。

毎年届いてアップしてきているのに今年だけ休むのは忍び難く

これは遅くなってもアップするべきであると思いました。

オリエンタルゆりと添え書きにかいてありました。

 

届いた時の姿

花瓶に飾る

美しく満開に咲きました

投稿者: ナナ

母の日

 

息子から母の日のプレゼントお花が届く

株がおもわしくないと言っていたから今年は期待していなかったのに

段ボールが届いた。可愛い青色の小花をいっぱいつけてかごに入っていた。

無理をしたんだな・・・と思いながらもやっぱりうれしい。

DSCN1292
カンパニュラ・フラギリス

 

チューリップ

昨年の秋植えた球根が色とりどりの花をやっと咲かせた。

 


庭の鉢植え

   バラ半年休んでいたブログを、久しぶりにアップする。このまま終わらせるのはさびしいので
     また頑張ることにする。

投稿者: ナナ

2014年10月の花(2)

秋はたくさんの種類の花が咲いていい季節ですね


ランタナ
おなじみの花です


ジニア
別名:百日草
実家の庭に毎年咲いていました


シュウメイギク  ピンク 

DSCN1111
シュウメイギク 白


ホトトギス


フウセンカズラ


ハギ
秋によく合う花ですね


ニチニチソウ

 
キバナコスモスの色違い


ノボタン
しっかり自己主張していますね

投稿者: ナナ

2014年10月の花

 


サザンカ(山茶花)
今年もサザンカの季節が訪れました
もう何年続くだろう毎年登場願っているサザンカ
ほんのりピンクがグラデーションになってやさしい色して大好きです。


コルチカム
別名:イヌサフラン
土がなくても机の上で咲くといわれている花


チェリーセイジ
道端でよく見かける小さな花

  

 

 
ブッドレア
花に多くの蜜を含み蝶々を呼び寄せることから
英語圏では「バタフライブッシュ」とも

 
サルビア・ガラニチカ

投稿者: ナナ

ルドベキアとほかの花たち

 

この花の名前を探すのに一か月かかってしまいました。

というのにはわけがありまして、品種改良されており、花の色、形、

茎の丈などがまちまちで、私が写真に納めた同じものが、

いつも参考にしている花図鑑には、載っていなかったからである。

ある時ちょうど同じものが近所の庭に咲いているのを見かけて、

そこのご主人に声をかけ、お尋ねしましたら分からないとおっしゃる。

「緑化植物園でお聞きしたら分かるかもしれませんよ」とのアドバイスをいただき

早速植物園に行きたくさんある植物の本のページをめくっているうちに

その雄姿が現れたのです。「あっ!これだ」と思わず声が出そうになりました。

「ルドベキア」そうルドベキアという花のなまえでした。

その後ネットで調べましたら、あるわあるわどれもルドベキア

それは色、花芯、丈、はなびらの形、それぞれちがうもののオンパレードでした。

でも分かって一件落着です。

その後、ご主人に花の名前が分かったことのお礼の電話をいれました。


これは葉っぱの形がよくわかるように葉のみ切り取ったもの


ポーチュラカ
伽羅木の根元に一鉢植えたものが放射状に広く伸びました。


ケイトウ(鶏頭)
去年のこぼれ種で立派に咲きました


  モントブレチア             
お隣さんからいただきました
もう時期は過ぎてしまいましたが元気に咲いてくれました。
昔からどこでもよく見かける親しみのある花ですね

投稿者: ナナ

ユリ(百合)

 

昨年11月に植えたユリの球根が今年7月から8月にかけて
やっと待ち望んだ姿をみせてくれました。

 

 
カサブランカ
純白・巨大で芳香がある、といった三拍子そろった品種で、
わが国では爆発的な人気があります。

  

ベニカノコ(紅鹿の子)
たくさんの品種があるユリの中でも、かのこゆりは格別な扱い、
その風格と華やかさは他の追従をゆるしません。
ベニカノコは鮮紅色の斑点が花びら全体に散っています。
この斑点を着物の鹿の子絞りに見立てたのが名前の由来です。
花は下向きで、花びらが強く反り返っているのが特徴です。
(誕生花366.の花言葉)より

投稿者: ナナ